JDPホールディングス株式会社の最近のブログ記事

封建的な身分制度や家族制度に立脚した礼儀作法も、第二次大戦後、民主憲法が施行されて、制度のうえから、また観念のうえからも、封建時代の残滓(ざんさい - 残りかす)がとり去られるとともに、礼儀作法のうえでも、過去の残滓がとり去られ、欧米流のエチケットが大幅にとりいれられて、民主主義時代の礼儀作法ともいうべき今日の礼儀作法が生まれたのです。

欧米流のエチケットは、キリスト教の博愛の精神と、自由・平等の思想にもとづいたもので、おたがいに相手の人権を尊重しあい、親愛の情を示しあって、気持ちよくつきあってゆくようにしようというのが根本の態度とされています。

そのうえ、中世の騎士道の精神によって、婦人が尊重された結果、社交上でもつねに婦人を優位におくという習わしがあります。

今日の日本の礼儀作法には、生活様式の相違などからたとえば、おじぎのしかたとか、座敷での坐りかたなどというように、昔ながらのしきたりが数多く残っており、欧米流のエチケットそのままではありませんが、根本の精神においては、エチケットに近いものになってきているといえます。

その今日の礼儀作法のうち、とくに〈冠婚葬祭〉の儀式や行事とつながりの深い作法について、ひととおりまとめてみたいと思います。



JDPホールディングス株式会社の関連記事
まずは、封建時代の礼儀作法からご紹介します。

鎌倉時代に起こって、江戸時代に完成された封建時代の礼儀作法は、法律や道徳とともに、封建社会の秩序を維持するために組みたてられたものなので、身分や地位、年齢の差、および、性の違いなどによって、一方は他方の上に立ち、他方は一方の下に就くという態度をとるのが正しい作法とされていました。

たとえば、けらいが主君の前に出るときには、定められたとおりに服装をととのえ、下座に着いて平伏しなければならないとか、百姓町人は、殿さまの行列を見たら土下座しなければならない、また、子どもは親に口答えをしてはならないとか、妻は、なにごとも夫に先んじてしてはならないなどとされていたのです。



JDPホールディングス株式会社の関連記事
なにもかも新品で買い整えて送り込むのではなく、なにがあって、なにが欠けているか、また、なにを新品に替えたほうがよいか、双方でよく話しあったうえで、真に必要なもの、あるいはあったほうが便利なものを買い調えるようにします。

いくら、経済的にゆとりがある場合でも、一つあればじゅうぶんで、しかも、まだ、じゅうぶん使用に堪えるものがあるところへ、同種のものを送り込むのは、無駄であるばかりでなく、場合によっては、相手方に、「うちにあるものでは、気に入らないのかしら」と、不快な感じをいだかせることにもなりかねません。

(2)新郎が親または兄姉などの家に住んでいて、挙式後、新婦がその家にはいって、一室または数室で新家庭を営む場合。
また、(2)のように、挙式後、新郎の親または兄姉などと同居する場合も、同様で、新婦側では、経済的にゆとりのある場合でも、勝手に数多くの家具調度を買い整えて送り込むようなことをしないことです。

JDPホールディングス株式会社の関連記事
家庭で挙げる伝統的な披露宴は、いきおい"親類振舞の杯"、のかたちとなります。

親族杯のあと引き続き披露宴にはいるのがふつうで、この二つをひっくるめて振舞式とも呼ぶのですが、親族ばかりの振舞宴でないときは、一般の来客に上座を奨あるようにしなければなりません。

一同の着席を待って、新郎、新婦は媒酌人に伴われて座敷にはいりますが、本来は媒酌人夫婦を正座に、新郎、新婦が末座にすわるのが順序です。

しかし、それでは多くの来賓に見えなかったり、祝辞を受けるのに都合が悪かったりするときは、上座にすわることが多く、そのような場合、媒酌人は座敷の末座の中央で、つぎのように挨拶します。

「ちょっとご挨拶申し上げます。

新郎新婦は、もともと末座にすわるのが順序でございます が、ご挨拶の都合もございますので、ごめんをこうむりまして、上座をお許し願い上げます」

JDPホールディングス株式会社
嫁見にしても、牛見にしましても、仲人の手びきで婿が内諾ずみのうえ、嫁方に面接にいく方法で、承諾のしるしには"扇子忘れ"といって、わざと扇子などの持ち物を、おいてきたりすることも行なわれていたものです。

このようなかなり男性側の一方的な性質の見合いに対して、その後、都会からはじまったのが、双方が打ち合わせて会同し、相識の機会をつくり、諾否をきめようという新しいタイプのものです。

劇揚や音楽会を利用したり、行楽を共にしたり、食事をいっしょにするなど、相互によく知り合うことを第一にし、双方に意のある場合には交際をかさねて、恋愛結婚に準ずるまでの効果をあげようというものです。

まことに合理的のようですが、一方には乱用の弊もみられないこともなく、見合いやつれということばさえあって、幾度も見合いをして、溌剌さを失なうこともあるようです。

JDPホールディングス株式会社
披露宴のムードが盛りあがり、スムーズに進行するかどうかは、司会者に負うところが大です。

挙式以前に打ち合わせを十分にすることはもちろんですが、当日も、定刻の一時間くらい前には会場に入り、最終的なチェックをするようにします。

会場に入ったら、まず両家の人たちに「おめでとうございます。本日はよろしくお願いします」とあいさつし、受付係やその他の世話役、会場側の宴席の係の人たちにも、あいさつをしておきます。

特に宴席の係の人には、披露宴の進行が支障ないように、気持ち良く協力してもらわなければなりませんので、十分気を配る必要があります。

あいさつをすませたら、会場を実際に見て、依頼したとおりの設営になっているか、ケーキを飾る場所がどうかなどをチェックし、また進行表を確認し、進行に狂いのないよう、細かく点検しておきます。

JDPホールディングス株式会社
手落ちのない、早目の手配。

結婚は人生における最大の儀式です。

間近になってから 慌てたり、手落ちのないように、細心の注意を払って準備を進めましょう。

正式に婚約が成立したら、二人でできるだけ早く相談し、挙式の準備を始めるようにします。

式場の予約、招待状の準備、式服のあつらえなど、思いのほか手間のかかるものですし、式が近づくにつれて忙しさも増してきますので、早目、早目に準備し、余裕のあるスケジュールを立てることが必要です。

また、現在、歯や病気の治療を受けている人は、挙式までに完全に治しておくようにします。

健康な体で式に臨み、新生活を迎えることが相手に対するマナーですし、幸福な結婚生活を送るカギでもあります。

結婚は、未知の生活への楽しい思いと不安とが入り混じった複雑なものです。

結婚生活に関する専門書を読んだり、親しい友人や先輩などに相談をするのもいいでしょう。

身辺整理も、結婚前の欠かせない大きな仕事です。

長年慣れ親しんできたものは、なかなか捨てがたいものですが、新しい生活に不要なものは思い切って処分し、役に立ちそうなものだけ残すようにします。

結婚相手に見せて失礼になるものは、すべて処分しておかねばなりません。

女性の場合は、挙式までの美容計画を立てることも重要です。

美容院に相談をすれば、スケジュールにそって手入れをしてくれますが、式場に付属の美容院があれば、そこを利用したほうが、衣装や髪型など総合的にアドバイスを受けられて、何かと便利ということもあります。

JDPホールディングス株式会社
◆仲人と媒酌人
実質的な仲人=縁談から見合い、婚約・結納・挙式まで、初めから終わりまで一貫して面倒をみます。

しかし、婚約から挙式まで、あるいは挙式だけ、ほかに仲人を頼むこともあります。

頼まれ仲人=恋愛結婚の場合、結納・挙式だけの仲人を頼むことがあります。

挙式当日だけのこともあります。

媒酌人=挙式の時の仲人の呼び名です。

◆自書の目録を作る時
結納品目の内容としては、「目録」と「長熨斗」は書き入れません。

目録は五つ折りあるいは七つ折りにしますので、折り目に文字がかからないように注意しましょう。

書き終わったら左側から右側へと折り、別の奉書紙を上包にして、目録をその中に入れ、上下をうしろに折り返し、表には「目録」あるいは「寿」と書き入れます。

目録にはふつう、紅白または金銀の水引きをかけます。

JDPホールディングス株式会社

1.     適材適所へ配置・・・部下の長所・短所をよく知り、適材適所への配置・適切な業務配分に留意する。

「適当にやれ」「任せる」ではなく、職務権限・委任の範囲・報告制度など明確にして、具体的に指示する。

2.     語り合える職場環境づくり・・・日頃から部下の興味・関心・要望などをよく把握し、 話し合う機会を多くとり、腹を割った話合いをもち、相互理解に努める。

3.     タイミングのよい指導と動機づくり・・・
(1) 重要な仕事に就くとき 
(2) 決裁文書を見て 
(3) ミス・トラブル発生 
(4) 方針・計画・規則など変更、改正のとき 
(5) 質問してきたときなどの機会をとらえて指導する。

4.     段階的な指導・・・
(1)部下の理解と成長の状況をみて、ステップを踏んで行なう 
(2)一 度に多くを求めず、計画的にポイントを絞る 
(3)柔軟で確実な方法を選ぶ

5.     指導上の留意点・・・
(1)「教えてやる」式の姿勢・堅苦しい指導・説教や精神論は禁物 
(2) 変化適応で、形式にとらわれず生きた実践的な指導をする。

JDPホールディングス株式会社
〈「管理人」仮説〉
近代管理論は、C・I・バーナードを創始者として、1950年代に米国に登場し、H・A・サイモンらによって精緻化された。

伝統的管理論や人間関係論と比較して「管理人」仮説に立脚し、次の特徴をあげた。

(1)人間は自己実現という高度で多様な欲求に動機づけられ、職場のモチベーションは、 より高次な要求の充足である

(2)人間は制約された合理性のもとで、自主的・多面的で複雑な行動をとる

近代管理論は、組織における人間行動の客観的・科学的分析(行動科学)を通じて明らかにされた事実を前提にしており、経営管理の考え方は、次の特徴をもっている。

(1)フォーマル組織の中での人間関係を重視する
(2)人の欲求の分析の成果を基礎としている
(3)人間の個人的欲求と集団欲求との統合をはかるものである
(4)組織目的達成への努力は、「自我要求」「自己実現欲求」の充足が基本となっている

JDPホールディングス株式会社
司会者の開宴のあいさつの直後に行なうあいさつは、十分準備をしてのぞみたいものです。

新郎新婦の略歴、趣味、二人の出会いなどを聞いて、事前に原稿を五分程度にまとめておきます。

あいさつは(1)参列者へのお礼の言葉と祝いの言葉(2)簡単な自己紹介(3)結婚式が無事終わったことの報告(4)新郎新婦の紹介(5)二人への今後のご指導、ご鞭撻のお願いなどを盛り込みます。

二人の紹介は平等に行なうようにしたいものです。

暗記するくらいに練習し、参列者のほうを向いて、にこやかに話しましょう。

念のために、要点を書いたメモをテープルの上に置いておくと、不意に話すことを忘れたときも安心です。

媒酌人のあいさつがその後の雰囲気を左右しますから、十分心したいものです。

JDPホールディングス株式会社
新居が決まり挙式の支度がととのったら、新婦の嫁入り道具を新居へ運びます。

挙式の一週間から十日前までにすませておきたいものです。

もっとも近年は運送店からの配達だけで、古来の荷送りを省略することが多くなっています。

新婦側は荷送りをつかさどる荷宰領を、まえもって親類や知人のなかから頼んでおきます。

当日、新婦宅では、荷宰領に、「本日はお役目ごくろうさまです。目録どおり先方へお届けのほどよろしくお願いいたします」と頼んで、荷物目録とタンスのカギを渡します。

荷物目録と荷受書は祝儀用品店やデパートで市販のものがあります。

新居では、新郎と媒酌人が出迎えているので、荷宰領は、「本日はお日柄も良くおめでとうございます。○○家からの荷でございます。どうぞお納めください」とカギを渡します。

新郎側は目録と荷物を改め、「お荷物、確かに目録どおりお受けしました。幾久しく受納いたします。本日はお役目まことにご苦労さまでございました。」と礼を述べます。

荷物を運び終わったら、新郎側では媒酌人と荷宰領に酒肴でもてなします。

運転手や手伝いの人にも別室で食事を出しますが、略式に茶菓をふるまい、祝儀とは別に酒肴科を包むこともあります。

JDPホールディングス株式会社
日本独自の書が成立するのは、遣唐使が廃止され、国風文化が発展した平安時代中期である。

それまで、漢字だけでは表現することのできなかった情感や思想が、「万葉仮名」の成立によって可能となった。

万葉仮名は男手とも呼ばれ、一字一音表記を基本としてつくられた。

これが女手といわれる、現在の平仮名のもととなった。

また、国産の美しい料紙(書を書きつける紙)も生産されるようになり、美術的価値も向上した。

さらなる発展を遂げたのは、鎌倉時代に中国大陸から伝わって来た禅宗が普及したことによる。

禅宗の高僧たちの人格があふれ出るダイナミックな書は、墨跡と呼ばれて貴ばれていた。

江戸時代には、烏丸光広が奔放で闊達な書を世に送り出すなど、個性的な書が次々と登場する。

流派を大別すると、古くからあるものを守りつづける「伝統派」、造形感覚を重視する「造形派」、抽象性を重視する「墨象派」の三つに分けられる。

JDPホールディングス株式会社
翼を上方の真空層に向って押し上げる力。

自然の力はかくも大きい。

ところがヘリにはこのような固定翼がない。

従って機体重量が10トンなちば回転翼(昇降用プロペラ)の推力は少なくとも10トンを必要とし、しかもこれに前進用のパワーを加えなければならない。

この一事をもってしてもヘリの飛翔中の燃費効率の悪いことが判っていただけるものと思う。

ところがこのオスプレー型ティルト・ローター機の場合は事情が異なる。

機体の両側には固定翼が張り出しており、その両端に上方に向いた回転翼が各一基取り付けられている。

上昇の役目はこれらのプロペラが司どる。

JDPホールディングス株式会社

つぎにやってくるのが未来型ヘリである。

その前段階として考えられるのがティルト・ロータ型である。

ベルヘリコプター社の最初のティルト・ローター機XV-3と、ボーイングバートル社のティルト・ウィング機V-76機の両者の長所を活かし、コミュータープロペラ機とヘリのそれぞれの利点を1つの飛行機に具現化したもの。

それが最終的に開発しようとするティルト・ローター・オスプリ。

海岸の岩の間に棲み魚を食べる鷹の一種ル-22であり、これはベルヘリコプター社とバートル社の協同の手によるもの。

最大速度550キロ、巡航速度460キロ、航続距離=240キロ、総重量12.5トン、塔乗旅客数44人がその要目性能。

JDPホールディングス株式会社
アウトソーシングとは、自社の特定の業務のすべて、または一部を外部企業に委託することを指す。

厳しい競争環境の中で、経営の効率化やスピードアップの要請には限りがないため、外部資源の有効活用は今や企業経営に欠かせない基本戦略とされる。

アウトソーシングの効果は対象分野や契約形態によって様々だ。

第1に、オフィススペースの節約やシステムの運用・維持費用の低減など、コスト削減効果である。

第2は、人件費の変動費化というコストの柔軟性確保。

第3は、社員を基幹業務に集中投入し人的資源の有効活用が図れることがある。

第4には、自社が保有していない専門的なノウハウや希少な資源を、専門企業やプロフェッショナル人材を通じて確保・活用できることが挙げられる。

アウトソーシングはシステム分野から始まったが、現在では賃金・福利厚生・食堂・研修・採用・経理・総務・警備・法務など、管理業務のほとんどの分野で請負会社や人材派遣のサービスが存在する。

さらに、持株会社をにらんで自社部門を独立させてアウトソーシング先とするケースもある。

積極的に外部資源を競争力強化に活用する動きも着実に増加している。

具体的には、生産を完全に外部に委ねるファブレス経営、サプライチェーンマネジメントを念頭に置いた購買・物流のアウトソーシング、さらに研究開発の外部委託、役員・管理者の派遣にまで広がりを見せている。

JDPホールディングス株式会社
日本版ビッグバンの対象範囲は、本家英国をはるかにしのいでいる。

主に証券市場を対象としていた英国に対し、日本版ビッグバンの対象は金融の全分野に及ぶ。

98年6月に証券取引法、銀行法、保険業法等合わせて24の法律を一・括改正する金融システム改革法が成立し、一部を除いて98年12月に施行された。

そこには、銀行・証券・保険業間の相互参入や株式売買手数料の自由化、銀行による投資信託の窓口販売の解禁、ディスクロージャー制度の整備・拡充といった金融システム改革に向けての数多くの施策が盛り込まれた。

このほか、外為法の抜本改正、連結財務諸表・時価会計を柱とした会計制度改革等も行われている。

JDPホールディングス株式会社
ガン検診を、生物学的に抗原抗体反応で行うという手法は、従来のレントゲン検査や生検といった理学的な検診法を金科玉条として実施してきた医者たちに大きなショックを与えた。

結果として医者のネタミ、ソネミ、そしてナワバリ争いへと発展し、松原博士は孤立させられた。

味方のはずの医者が敵となったのだ。

その経緯は、丸山ワクチンときわめて似た運命をたどっている。

どんな企画にも、それを攻撃する敵がいることを絶対に忘れてはならない。

企画の内容に自信があればあるほど、敵がふえ、攻撃の力も大きくなる。

企画に驕りは禁物だ。

驕りが不用心を招く例が多いからである。

企画には妨害かつきものだ。

ビジネス活動は、大なり小なり、他のナワバリを荒さなければ成功しないから、どんなビジネスにも、例外なく妨害がある。

妨害や反対を心配していては、企画はできない。

JDPホールディングス株式会社
〈依頼の手紙〉
(1)お願いをする主旨の手紙だから、特に注意して丁重に書く。

「ご多忙中誠に恐れ入りますが」、「お手数をわずらわし恐縮に存じますが」など相手の立場、気持ちを十分に察した表現をする。

(2)依頼する主旨、内容、条件をはっきりと明確に書く。

(3)相手の事情を考慮して、時間的ゆとりをもって発信する。

(4)依頼に対して相手が応じてくれた場合は、必ずお礼状を出す。

〈回答の手紙〉
(1)先方からの依頼または照会に対しては、ただちに内容を調査し回答する。

調査に時間がかかりそうな時は、受け取った旨をとりあえず先に連絡しておく。

(2)回答を書く場合、先方の何の件に関する回答であるかを明確にする。

・先方の文書に発信番号がある場合には、「貴書第○号によりご照会いただきました・・・」と発信番号を明記する。

・発信番号がない場合には、「○月○日付の書簡によるご照会の件につきましては・・・」と日付を明記する。

(3)承諾、拒絶など回答の内容により、それぞれに適した表現を工夫する。

JDPホールディングス株式会社
用件を簡潔に短時間で話します。

・○○の件などとまず用件を告げ、今連絡をしておきたい項目を手ぎわよく伝えます。

後から連絡しても差し支えつかえないことについては、「詳細はファックスをお送りします」、「明日、もう一度お電話いたします」などと対応します。

・その他、電話をこちらからかけるのか、電話をかけ直してもらいたいのか、かけた人の電話番号などを伝えます。

・一方的なメッセージですので、相手に誤解を与えないために、あいまいな言葉は使わないようにします。

例えば「多分」などの憶測する言葉を避けます。

また、「お昼頃」などの不明確な言葉を使わず、「午後一時に」などというように明確に表現します。

JDPホールディングス株式会社

相手が理解しやすいように、話の内容を整理して簡潔に話します。

このときメモを作っておけば

相手に伝える場合も、

「用件は三つありまして、一つは・・・、二つ目は・・・、以上三つです」などポイントを伝えることができ、相手もメモを取りやすくなります。

用件を伝えるときは、結論を先に言うことです。

特に日時、金額、名前、場所など重要なことは、はっきり伝え、言い忘れのないように注意をします。

必要な資料を揃えておきます。

必要と思われる資料は、すぐ取り出せるよう話の順序に並べておきます。

相手から用件以外の質問が出ることも考えられます。

その話に必要と予測される資料を揃えておくことが必要です。

JDPホールディングス株式会社

個体の形質や特性、資質を規定するものが「遺伝か環境か」という問題は、生物学史上の「前成説対後成説」に始まり、心理学史上でも家系や双生児における比較研究によって知られている。

この問題は個体の発達に対する「成熟対学習(または経験)」「生得対獲得」という形でも議論されている。

身体特徴、知能、性格特性、特殊な才能などで、両者の要因がどの程度、どのような相互作用の仕方で寄与するかが論じられている。

しかし、遺伝的要因といっても、遺伝子型は具体的な形質や特性としての表現型と一致しないことも多く、家系や民族性には遺伝だけでなく文化の要因も寄与している。

一方、環境的要因としての学習や獲得も、種としての遺伝的・生得的な環境適応性や学習機構に基づいていて、「遺伝か環境か」の二者択一の考え方は無意味である。

JDPホールディングス株式会社
発達とは語義からみると、ドイツ語ではEntwicklungといい、もつれた糸玉がほどける状態をさす。

また、Entfaltungといい、折り畳んだものを広げることである。

英語ではDe・velopmentで、包んだものを開くと中から何かが出てくるような動きの感覚を伴ったものであるという。

これに対し、漢字の「発達」は直線的な進展を意味する言葉である。

発達とは、広い意味で人間の出生あるいは受精から死までの変化の過程である。

人はその人本来の遺伝的な要因はもちろんのこと環境的な要因にも大きく影響されながら発達していく。

つまり発達とは、ある素質をもった人間が主体的に環境に働きかけることにより環境を変え、また再び環境から影響を受けることによって変化していくという環境と人間との相互作用を意味する。

乳幼児期は、あらゆる点で発達の目覚しい時期である。

保育者は子どもが自ら発達しようとする力を認め、その積極的な過程を日々の保育の中で丁寧にとらえることにより、何をどのように援助していけばよいかを考えることが必要だろう。

また、一つ一つの経験や大人から見れば同じ行為のくり返しも直接的、あるいは間接的に子どもの発達に大きな意をもつもので、それを理解していくための広い視野を持つことが望まれる。

JDPホールディングス株式会社
動物の体内ではつくられないが、植物や微生物によって他の成分から合成される有機物でヒトおよび動物が健康を保持したり、正常な発育をしたり、機能を円滑に営むために必要な生体触媒であり、保全素の一つである。

〔生理作用〕(1)微量で栄養効果をあらわす、(2)補酵素として生体内の代謝に関与する。(3)欠乏した場合には特有な欠乏症状をあらわす。

脂溶性ビタミンの過剰摂取は肝臓に蓄積され過剰障害を来す。

とくに乳幼児はビタミン剤の過剰摂取に注意する。

〔ビタミンの分類〕ビタミンは水溶性と脂溶性に大別される。

水溶性ビタミンは水に溶けるが、油や油脂溶剤には溶けにくい。

ビタミンB複合体(B1、B2、ナイァシン、B6、パントテン酸、葉酸、B12、ビオチン、コリン、イノシトールなど)、Cがある。

脂溶性ビタミンは、油脂類によく溶けるが、水には溶けない性質で、ビタミンA、D、E、Kなどがある。

水溶性ビタミンは体内に蓄積しないので過剰摂取は、尿中に排泄される。

JDPホールディングス株式会社
保育士養成機関は短期大学設置基準に準じて定められた指定基準に基づき次のような要件を備えた場合に指定される。

入所資格は高等学校卒業者またはそれに準ずる者であること。

修業年限は2年以上であること。

修業教科目と単位数、履修方法は厚生大臣の定める方法に準拠していること。

保育士の養成に適当な建物、設備をもっていること。

学生定員は100人以上とし、1学級につき50人以下であることとなっており、教員組織については、専任教員は、学生定員100人につき6人以上置き、その担当は、一般教育科目担当1人、専門科目中福祉系、保育・教育系、心理系、保健系および保育内容系担当それぞれ1名とするとなっている。

JDPホールディングス株式会社
昭和23年に定められた児童福祉法施行令で、児童福祉施設で児童の保育に従事する「女子を保母」とするとされてきたが、平成10年の同法の改正で、「女子」規定がはずされるのにあわせて名称が「保育士」に改められた。

厚生大臣の指定する保育士を養成する学校その他の施設を卒業した者、あるいは保育士試験に合格した者が該当する。

保育士を養成する施設への入学資格は高等学校卒業者、もしくは通常の課程による12年の学校教育を修了した者、または文部大臣がこれと同等と認めた者である。

保育士試験の受験資格は上記の者のほか、児童福祉施設において、5年以上児童の保護に従事した者、そして厚生大臣が適当な資格をもつと認定した者である。

現在では保育士は免許ではなく資格であり、身分法によってその立場を保障されたものではない。

JDPホールディングス株式会社
各園で最低一つは置かなければならない。

保育室よりはるかに大きく、できれば、全園児が一緒に集まって集会ができるくらいの広さが望ましい。

遊戯室は、保育室ではできない運動遊びや、大型積木などを使って遊べるなど、広い空間が必要となる。

自由遊びの時や集団遊びの時に多く用いられたり、雨天の時の園庭の役割ももっている。

その時、その時の遊びによって、その遊びに必要な用具などを自由に設置できることが望ましい。

JDPホールディングス株式会社

迷い箸...迷ってあちこちの料理に箸を向ける。

移り箸(渡り箸)...料理とご飯を交互にしないで、料理から料理へと箸をつける。

探り箸...箸を探るように入れて好きなものを探す。

刺し箸...お芋など食べ物に箸を突き刺して取る。

もぎ箸...箸についたご飯などを口でもぎ取る。

こみ箸...口にほおばったものを箸先で押しこむ。

寄せ箸...膳の向こうにある器を、箸で自分のほうへ寄せる。

渡し箸...箸から箸へ食べ物を渡す。

ねぶり箸...箸についているものをなめて落とす。

ほじり箸...器の底にあるものをほじり出す。

しごき箸...箸先をしごき合わせる。

和室での中座は、左右に軽く一礼し、腰をかがめながら目立たないように席の後ろ側を通って出る。

退席時は、主賓や目上の人が出たあと立ち上がる。

JDPホールディングス株式会社
わが国の現在の高齢者は、戦前の自由な思想や生き方に制約があった時代に青春時代を過ごし、会社に入ってからは、老後の生活設計や生きがいを考える余裕もなく、「企業戦士」「会社人間」として猛烈に働いてきたのが実状である。

こうしたことが老後の生活適応障害を生み出す一因となっている。

それだけに、特に男性の高齢者にとっては、老後に与えられた自由時間がかえって、悩みのもとになったり、心の負担になる場合もある。

男性の高齢者の場合、社会とのつながりが「会社」しかなく、会社を定年で退職した途端に生きがいを失い、元気がなくなる人が多いと言われている。

こうした高齢者自身の病理に対しては、地方自治体や地域社会が中心となって、高齢者が学ぶ機会や交友を深める機会を提供したり、生きがいづくりの提案を行ったり、シルバー人材センターで仕事を紹介するなどの、さまざまな援助を行っていく必要がある。

JDPホールディングス株式会社

高齢化の社会病理は、(1)高齢者自身の問題、(2)高齢者を抱える家族の問題(3)高齢化していく地域社会や社会全体の問題、に分けて考えることができる。

(1)と(2)の側面から、高齢化の社会病理について考えたい。

1)高齢者の抱える病理
厚生労働省発表の「第19回生命表」(2000(平成12)年の国勢調査人口をもとに作成)でみると、わが国の平均寿命は2000(平成12)年には、男性が77.7歳、女性が84.6歳にまで延びている。

これを第二次大戦終戦直後の1947(昭和22)年の「第8回生命表」と比べると、当時わが国の平均寿命は、男性が50歳、女性が54歳しかなかった。

JDPホールディングス株式会社

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちJDPホールディングス株式会社カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはJDPホールディングスです。

次のカテゴリはビジネスです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。