2015年12月アーカイブ

保育は乳幼児の発達に即して行われることが必要である。

しかし、それは必ずしも発達段階に合わせて保育するとか、年齢別の発達基準や到達度を決めて、そこまで引きあげるということを、意味しているねけではない。

長期的に見れば幼児はある方向に向かって発達していくが、しかし、それは必ずしも一直線に進んでいくとは限らない。

ある時は停滞したり、ある時は飛躍したりしながらジグザグに進んでいくものである。

しかも、ドイツ語の発達"エントヴィツクルング"(Entwicklung)の語源が意味するように、具体的状況の中で壁にぶつかったり、葛藤体験をもったりしながら、子ども自身がもつれた糸をほどいていくことが重要なのである。

乳幼児の発達の面白さは、実はその点にあるといってよい。

そして、保育とは子どもが糸をほどいていくのを援助することでもある。

なお、「幼稚園教育要領」では、保育の基本として、「幼児の発達は心身の諸側面が相互に関連し合い多様な経過をたどって成し遂げられていくものであること、また幼児の生活経験がそれぞれ異なることなどを踏まえ、1人ひとりの発達の特性を生かした指導を行うようにすることが強調されている。

JDPホールディングス株式会社
発達とは語義からみると、ドイツ語ではEntwicklungといい、もつれた糸玉がほどける状態をさす。

また、Entfaltungといい、折り畳んだものを広げることである。

英語ではDe・velopmentで、包んだものを開くと中から何かが出てくるような動きの感覚を伴ったものであるという。

これに対し、漢字の「発達」は直線的な進展を意味する言葉である。

発達とは、広い意味で人間の出生あるいは受精から死までの変化の過程である。

人はその人本来の遺伝的な要因はもちろんのこと環境的な要因にも大きく影響されながら発達していく。

つまり発達とは、ある素質をもった人間が主体的に環境に働きかけることにより環境を変え、また再び環境から影響を受けることによって変化していくという環境と人間との相互作用を意味する。

乳幼児期は、あらゆる点で発達の目覚しい時期である。

保育者は子どもが自ら発達しようとする力を認め、その積極的な過程を日々の保育の中で丁寧にとらえることにより、何をどのように援助していけばよいかを考えることが必要だろう。

また、一つ一つの経験や大人から見れば同じ行為のくり返しも直接的、あるいは間接的に子どもの発達に大きな意をもつもので、それを理解していくための広い視野を持つことが望まれる。

JDPホールディングス株式会社

特殊ミルク

乳児の特殊な栄養要求にあうよう調製されたミルクである。

先天性代謝異常児治療用ミルクとしてはフェニールケトン尿症、ガラクトース血症、ヒスチジン血症、ホモヒスチン尿症、楓糖尿症などの治療用ミルクがある。

無糖乳(ラクトレス)、大豆乳も特殊ミルクである。

JDPホールディングス株式会社
動物の体内ではつくられないが、植物や微生物によって他の成分から合成される有機物でヒトおよび動物が健康を保持したり、正常な発育をしたり、機能を円滑に営むために必要な生体触媒であり、保全素の一つである。

〔生理作用〕(1)微量で栄養効果をあらわす、(2)補酵素として生体内の代謝に関与する。(3)欠乏した場合には特有な欠乏症状をあらわす。

脂溶性ビタミンの過剰摂取は肝臓に蓄積され過剰障害を来す。

とくに乳幼児はビタミン剤の過剰摂取に注意する。

〔ビタミンの分類〕ビタミンは水溶性と脂溶性に大別される。

水溶性ビタミンは水に溶けるが、油や油脂溶剤には溶けにくい。

ビタミンB複合体(B1、B2、ナイァシン、B6、パントテン酸、葉酸、B12、ビオチン、コリン、イノシトールなど)、Cがある。

脂溶性ビタミンは、油脂類によく溶けるが、水には溶けない性質で、ビタミンA、D、E、Kなどがある。

水溶性ビタミンは体内に蓄積しないので過剰摂取は、尿中に排泄される。

JDPホールディングス株式会社

冷凍食品

一般に冷凍は凍結と同じ意味に使われることが多いが、狭い意味では消費者向けの小単位で包装されて市販されている食品を冷凍食品という。

食品を前処理し、包装し急速冷凍し消費者に渡るまでストッカーで-15℃以下に保存する。

JDPホールディングス株式会社

保育士養成機関は短期大学設置基準に準じて定められた指定基準に基づき次のような要件を備えた場合に指定される。

入所資格は高等学校卒業者またはそれに準ずる者であること。

修業年限は2年以上であること。

修業教科目と単位数、履修方法は厚生大臣の定める方法に準拠していること。

保育士の養成に適当な建物、設備をもっていること。

学生定員は100人以上とし、1学級につき50人以下であることとなっており、教員組織については、専任教員は、学生定員100人につき6人以上置き、その担当は、一般教育科目担当1人、専門科目中福祉系、保育・教育系、心理系、保健系および保育内容系担当それぞれ1名とするとなっている。

JDPホールディングス株式会社

このアーカイブについて

このページには、2015年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年11月です。

次のアーカイブは2016年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。