2016年1月アーカイブ

用件を簡潔に短時間で話します。

・○○の件などとまず用件を告げ、今連絡をしておきたい項目を手ぎわよく伝えます。

後から連絡しても差し支えつかえないことについては、「詳細はファックスをお送りします」、「明日、もう一度お電話いたします」などと対応します。

・その他、電話をこちらからかけるのか、電話をかけ直してもらいたいのか、かけた人の電話番号などを伝えます。

・一方的なメッセージですので、相手に誤解を与えないために、あいまいな言葉は使わないようにします。

例えば「多分」などの憶測する言葉を避けます。

また、「お昼頃」などの不明確な言葉を使わず、「午後一時に」などというように明確に表現します。

JDPホールディングス株式会社

ある事務所に、今から資料を送るという内容の電話をかけたときのことです。

「はい、桑田広告事務所でございます。ただ今、桑田は外出中でございます。ピーという発信音が鳴りましたら、メッセージをお願いします」という留守番電話でした。

そのため、一瞬あわてて、受話器を切ってしまったことがあります。

電話をかけて相手が留守番電話であった場合、どのように話せばよいのでしょうか。

その場で的を射たメッセージを残せるように、日頃から話し方のポイントをつかんでおく必要があります。

例えば、次のように話してみます。

「私、加藤産業の営業部の山崎と申します。

いつもお世話になっております。

○○の件の資料ができましたので、お届けしたいと思います。

恐れ入りますが、ご都合のよい日をお知らせいただけますでしょうか。

私は本日は6時まで会社におります。

念のため電話番号は、○○○-○○○-○○○です。

お忙しいところ申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします」

なお、話し方のポイントをまとめると次のとおりです。

会社名、所属、氏名をはっきりと告げます。

JDPホールディングス株式会社


相手が理解しやすいように、話の内容を整理して簡潔に話します。

このときメモを作っておけば

相手に伝える場合も、

「用件は三つありまして、一つは・・・、二つ目は・・・、以上三つです」などポイントを伝えることができ、相手もメモを取りやすくなります。

用件を伝えるときは、結論を先に言うことです。

特に日時、金額、名前、場所など重要なことは、はっきり伝え、言い忘れのないように注意をします。

必要な資料を揃えておきます。

必要と思われる資料は、すぐ取り出せるよう話の順序に並べておきます。

相手から用件以外の質問が出ることも考えられます。

その話に必要と予測される資料を揃えておくことが必要です。

JDPホールディングス株式会社

成熟

成熟は、おとな(成体)の形質や行動特性をもった状態を指す場合(maturity)と、成長・発達の要因として、外的環境や学習・獲得の要因と対照される内的・生得的要因によって、ある形質や特性が発現してくること(maturation)を指す場合とがある。

後者の意味での成熟は、出生時にはまだあらわれていないが、おとなになるまでの過程で、ある時期にある順序で健常児では必ずあらわれる形質・特性についていわれる。

乳幼児期の中枢神経系の成熟による姿勢保持、はいはい・直立歩行などの運動機能、言語機能などの発現がその例である。

成熟には個体によって早い遅いの個人差があり、訓練や教育によって発現を早めることはできない。

しかし、成熟による発達は、外的・社会的環境内での練習や学習を排除するものではなく、それらもともなっているのが普通である。

成熟が学習の適時性を規定しているといえる場合もある。

JDPホールディングス株式会社
個体の形質や特性、資質を規定するものが「遺伝か環境か」という問題は、生物学史上の「前成説対後成説」に始まり、心理学史上でも家系や双生児における比較研究によって知られている。

この問題は個体の発達に対する「成熟対学習(または経験)」「生得対獲得」という形でも議論されている。

身体特徴、知能、性格特性、特殊な才能などで、両者の要因がどの程度、どのような相互作用の仕方で寄与するかが論じられている。

しかし、遺伝的要因といっても、遺伝子型は具体的な形質や特性としての表現型と一致しないことも多く、家系や民族性には遺伝だけでなく文化の要因も寄与している。

一方、環境的要因としての学習や獲得も、種としての遺伝的・生得的な環境適応性や学習機構に基づいていて、「遺伝か環境か」の二者択一の考え方は無意味である。

JDPホールディングス株式会社

このアーカイブについて

このページには、2016年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年12月です。

次のアーカイブは2016年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。