2015年10月アーカイブ

料理は、もとは本膳料理が供されましたが、現在は、簡略化された会席料理が主になっています。

献立や順序は宴席によって多少違いますが、次のようなコースで組まれるのが一般的です。

(1)先付、(2)椀盛、(3)向付、(4)焼物、(5)焚合、(6)揚物・蒸物、(7)酢の物、(8)ご飯・味噌汁・香の物、(9)果物、(10)菓子、(11)お茶の順です。

披露宴などのような宴席では、最初からセットして並べられてあり、冷めては困るものだけをあとから運ぶ方法がとられます。

箸の持ち方は、中ほどを右手で取り、左手を下から添え、右手を下に回して持ち直します。

また、膳に置くときは箸置きに置きます。

汁椀は、左手をわきに添え、右手でふたを手前に持ち上げて取り、膳の右側に置きます。

汁をひとくち飲んだあと、実を食べるようにします。

和食に焼物(魚)はつきものですが、尾頭付の場合は、片面を食べたあと魚をひっくり返さず、箸で頭と骨と尾をはがしてから、下の身を食べます。

和食の場合、用意しておきたいものは懐紙です。

汚れを拭くだけでなく、料理を口に運ぶときや、小皿の代わりに受けたりするのにも便利です。

JDPホールディングス株式会社
わが国の現在の高齢者は、戦前の自由な思想や生き方に制約があった時代に青春時代を過ごし、会社に入ってからは、老後の生活設計や生きがいを考える余裕もなく、「企業戦士」「会社人間」として猛烈に働いてきたのが実状である。

こうしたことが老後の生活適応障害を生み出す一因となっている。

それだけに、特に男性の高齢者にとっては、老後に与えられた自由時間がかえって、悩みのもとになったり、心の負担になる場合もある。

男性の高齢者の場合、社会とのつながりが「会社」しかなく、会社を定年で退職した途端に生きがいを失い、元気がなくなる人が多いと言われている。

こうした高齢者自身の病理に対しては、地方自治体や地域社会が中心となって、高齢者が学ぶ機会や交友を深める機会を提供したり、生きがいづくりの提案を行ったり、シルバー人材センターで仕事を紹介するなどの、さまざまな援助を行っていく必要がある。

JDPホールディングス株式会社

当時の人々は、高齢者年齢に達する前に、現役で仕事をしている年代で死亡するのが珍しくなかったことになる。

それからわずか50年ほどの間に、男性は約27年、女性は約31年、寿命が延びたことになる。

こうして高齢者が増え、高齢者になってもさらに十数年生き続けることがあたりまえになった今、高齢者にとっては、長い老後をいかに生きるかが大きな課題となっている。

高齢者が低所得階層あるいは要介護状態で家族の扶養も社会の援助も期待できなければ老後の生活は崩壊してしまうが、心身ともに健康で金銭的にも恵まれている高齢者にとっては、仕事を引退し、子育てからも解放された「老後」という長い自由な時間が与えられたと言える。

老後をどのように生きていくかは、学校や会社が決めてくれるのではなく、高齢者自身が選択しなければならない。

JDPホールディングス株式会社
高齢化の社会病理は、(1)高齢者自身の問題、(2)高齢者を抱える家族の問題(3)高齢化していく地域社会や社会全体の問題、に分けて考えることができる。

(1)と(2)の側面から、高齢化の社会病理について考えたい。

1)高齢者の抱える病理
厚生労働省発表の「第19回生命表」(2000(平成12)年の国勢調査人口をもとに作成)でみると、わが国の平均寿命は2000(平成12)年には、男性が77.7歳、女性が84.6歳にまで延びている。

これを第二次大戦終戦直後の1947(昭和22)年の「第8回生命表」と比べると、当時わが国の平均寿命は、男性が50歳、女性が54歳しかなかった。

JDPホールディングス株式会社
アメリカはいまだ高齢化社会であるが、高齢社会になるまでに69年かかると予測されている。

諸外国と比較すると、わが国の高齢化の速度がいかに急であったかがよく分かるが、これは、世界的にみても今までに例をみないものであった。

それでもまだ20世紀末の時点では、わが国の高齢化率は欧米諸国と同じ程度であった。

国立社会保障・人口問題研究所『日本の将来推計人口』(2002(平成14)年1月推計)によると、わが国の、2000(平成12)年現在の高齢化率は17.4%であるが、これが2015(平成27)年には、高齢化率が25%以上に達して、4人に1人が65歳以上の高齢者となり、老年人口が3000万人を超える。

その一方で、生まれる子どもが減る(少子化)ため、わが国の総人口はこの頃から減り始めると予測されている。

高齢者人口はその後も増加を続け、2040(平成52)年には35%前後に達し、人口のおよそ2.8人に1人が高齢者になることが予想されている。

JDPホールディングス株式会社
アメリカでの離婚率は80年代半ぽにピークに達した。

ボルドリッジ女史のマナーの本にも「オフィスでの離婚のエチケット」が一つの項目として書かれていることが状況を物語っている。

企業も離婚専門のコンサルタソトを雇い、離婚に伴う社員の能率低下を防いでいるという話も聞く。

またアメリカには孤独と将来への不安に悩む離婚男性・女性のための専門機関もあるほどだ。

しかし離婚のような精神的打撃に最もよく効く治療法は、仕事に打ちこむことではないだろうか。

二年に渡る話し合いの末、離婚が成立した営業ウーマンのAさん。

離婚については上司と親しい同僚にそれとなく伝えたが、噂を耳ざとく聞きつけた仕事仲間もいた。

誰もが心配半分で聞いてくるのだろうが、彼女には周囲の好奇心がとてもわずらわしかった。

いわく「子供はどちらが育てるの」「新しい相手はいるの」中には「慰謝料はどれくらいもらったか」などという無神経な質問もあった。


JDPホールディングス株式会社
縁談の依頼は、押しつけになってしまってはダメ。

世間話などで糸口をつくって、そのあと正式に写真などを渡すのもこのためです。

上司に縁談をいったん頼んだらしばらく、ほかに縁談を依頼するのを遠慮しておきます。

そして、ほかから話があっても、上司の方の話を優先させるようにします。

話が進展しないときでも、自分の方から、他の職場の人に縁談を依頼することは控えます。

万一、親類、知人などの世話で見合いや結婚をするという場合は縁談について相談した上司に報告するのはいうまでもありません。

JDPホールディングス株式会社

このアーカイブについて

このページには、2015年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年9月です。

次のアーカイブは2015年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。