司会者の準備 その1(JDPホールディングス株式会社)

披露宴のムードが盛りあがり、スムーズに進行するかどうかは、司会者に負うところが大です。

挙式以前に打ち合わせを十分にすることはもちろんですが、当日も、定刻の一時間くらい前には会場に入り、最終的なチェックをするようにします。

会場に入ったら、まず両家の人たちに「おめでとうございます。本日はよろしくお願いします」とあいさつし、受付係やその他の世話役、会場側の宴席の係の人たちにも、あいさつをしておきます。

特に宴席の係の人には、披露宴の進行が支障ないように、気持ち良く協力してもらわなければなりませんので、十分気を配る必要があります。

あいさつをすませたら、会場を実際に見て、依頼したとおりの設営になっているか、ケーキを飾る場所がどうかなどをチェックし、また進行表を確認し、進行に狂いのないよう、細かく点検しておきます。

JDPホールディングス株式会社

このブログ記事について

このページは、-が2017年6月11日 11:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「結婚披露宴、新郎の伯父の挨拶例」です。

次のブログ記事は「司会者の準備 その2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。