2016年5月アーカイブ

旧来のレシプロ型エンジン

朝鮮やヴェトナムで局地戦争のありかたが改めて問われることになり、またヴェトナムでは対ゲリラ戦に手を焼いて、ヘリを中心とする新しい戦法の立案の必要から技術改善が積み重ねられた。

特に旧来のレシプロ型エンジンからガスタービン型のエンジン(ターボシャフトエンジン)への転換が推進効率を高めたことは特記すべきであろう。

そして現在の実用ヘリは第3期の時代ともいうべき成熟段階に入る。

巡航速度で250キロから330キロが要請される時代。

最大速度では300キロから370キロが必要とされる。

JDPホールディングス株式会社

アウトソーシングとは、自社の特定の業務のすべて、または一部を外部企業に委託することを指す。

厳しい競争環境の中で、経営の効率化やスピードアップの要請には限りがないため、外部資源の有効活用は今や企業経営に欠かせない基本戦略とされる。

アウトソーシングの効果は対象分野や契約形態によって様々だ。

第1に、オフィススペースの節約やシステムの運用・維持費用の低減など、コスト削減効果である。

第2は、人件費の変動費化というコストの柔軟性確保。

第3は、社員を基幹業務に集中投入し人的資源の有効活用が図れることがある。

第4には、自社が保有していない専門的なノウハウや希少な資源を、専門企業やプロフェッショナル人材を通じて確保・活用できることが挙げられる。

アウトソーシングはシステム分野から始まったが、現在では賃金・福利厚生・食堂・研修・採用・経理・総務・警備・法務など、管理業務のほとんどの分野で請負会社や人材派遣のサービスが存在する。

さらに、持株会社をにらんで自社部門を独立させてアウトソーシング先とするケースもある。

積極的に外部資源を競争力強化に活用する動きも着実に増加している。

具体的には、生産を完全に外部に委ねるファブレス経営、サプライチェーンマネジメントを念頭に置いた購買・物流のアウトソーシング、さらに研究開発の外部委託、役員・管理者の派遣にまで広がりを見せている。

JDPホールディングス株式会社

モノの流れを最適化する

具体的にはサプライチェーン全体での在庫削減が大きなテーマだが、単なる削減ではなく、死に筋商品を排除する一方で、売れ筋商品の販売機会を失わないようにすることがポイントとなる。

こうした最適化が継続的なローコスト運営を可能にし、キャッシュフローが改善される。

つまり、情報の流れをスムーズにすることによってモノの流れを最適化し、結果としてカネの流れの無駄をなくそうという図式である。

SCM実現のためには、販売・在庫・生産などの各種情報がスピーディに共有され意思決定に反映される必要があるため、そのシステム構築が大きなカギを握る。

最近では低コストを目指した受け身の活用ばかりでなく、顧客動向のフィードバックに基づく市場予測や新商品開発など、積極的な活用も試みられている。

JDPホールディングス株式会社

このアーカイブについて

このページには、2016年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年4月です。

次のアーカイブは2016年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。