手が理解しやすいように、話の内容を整理して簡潔に話す(JDPホールディングス株式会社)

相手が理解しやすいように、話の内容を整理して簡潔に話します。

このときメモを作っておけば

相手に伝える場合も、

「用件は三つありまして、一つは・・・、二つ目は・・・、以上三つです」などポイントを伝えることができ、相手もメモを取りやすくなります。

用件を伝えるときは、結論を先に言うことです。

特に日時、金額、名前、場所など重要なことは、はっきり伝え、言い忘れのないように注意をします。

必要な資料を揃えておきます。

必要と思われる資料は、すぐ取り出せるよう話の順序に並べておきます。

相手から用件以外の質問が出ることも考えられます。

その話に必要と予測される資料を揃えておくことが必要です。

JDPホールディングス株式会社

このブログ記事について

このページは、-が2016年1月15日 10:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「成熟」です。

次のブログ記事は「留守番電話は切らずに当方の情報を録音しておこう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。