わが国の現在の高齢者(JDPホールディングス株式会社)

わが国の現在の高齢者は、戦前の自由な思想や生き方に制約があった時代に青春時代を過ごし、会社に入ってからは、老後の生活設計や生きがいを考える余裕もなく、「企業戦士」「会社人間」として猛烈に働いてきたのが実状である。

こうしたことが老後の生活適応障害を生み出す一因となっている。

それだけに、特に男性の高齢者にとっては、老後に与えられた自由時間がかえって、悩みのもとになったり、心の負担になる場合もある。

男性の高齢者の場合、社会とのつながりが「会社」しかなく、会社を定年で退職した途端に生きがいを失い、元気がなくなる人が多いと言われている。

こうした高齢者自身の病理に対しては、地方自治体や地域社会が中心となって、高齢者が学ぶ機会や交友を深める機会を提供したり、生きがいづくりの提案を行ったり、シルバー人材センターで仕事を紹介するなどの、さまざまな援助を行っていく必要がある。

JDPホールディングス株式会社

このブログ記事について

このページは、-が2015年10月26日 16:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「高齢者になってもさらに十数年生き続ける」です。

次のブログ記事は「和食は盛りつけが美しく祝いの席にふさわしい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。