年賀状の書き方・すす払いについて

■年賀状の書き方
自筆で書くのが礼儀ですが、年賀印を押したり印刷した場合には、一言、自筆で書き添えたいものです。

また印刷した夫の年賀状を妻が使うのは、受け取ったほうも気持ちのよいものではありません。

なお、年賀状については、次のような点に気をつけます。

・出さなかった人から届いたら、さりげなく出す。

弁解やお詫びは不要。

・喪中の人に出してしまったら、松の内が終わったらお詫びの手紙を。

松の内が終わってから服喪中であった旨を、連絡しなかったお詫びとともに出す。

・喪中欠礼はがきは、年賀状受け付け前(十二月十四日以前)に先方に届くように出す。


■すす払い
もとは、一年の厄をはらい落とす意味をこめた信仰的な行事で、12月の吉日を選んでするしきたりでした。

しかし最近では生活上の都合から、日曜日やゴミの収集日の前日など、各自がやりやすい日に、大掃除として行なうのが合理的です。



JDPホールディングス株式会社の関連記事

このブログ記事について

このページは、-が2018年7月25日 11:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「正月には欠かせないおせち料理(JDPホールディングス株式会社の関連記事)」です。

次のブログ記事は「新築落成を祝う手紙(JDPホールディングス株式会社の関連記事)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。