封建時代の礼儀作法(JDPホールディングス株式会社の関連記事)

まずは、封建時代の礼儀作法からご紹介します。

鎌倉時代に起こって、江戸時代に完成された封建時代の礼儀作法は、法律や道徳とともに、封建社会の秩序を維持するために組みたてられたものなので、身分や地位、年齢の差、および、性の違いなどによって、一方は他方の上に立ち、他方は一方の下に就くという態度をとるのが正しい作法とされていました。

たとえば、けらいが主君の前に出るときには、定められたとおりに服装をととのえ、下座に着いて平伏しなければならないとか、百姓町人は、殿さまの行列を見たら土下座しなければならない、また、子どもは親に口答えをしてはならないとか、妻は、なにごとも夫に先んじてしてはならないなどとされていたのです。



JDPホールディングス株式会社の関連記事

このブログ記事について

このページは、-が2018年3月26日 08:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「礼儀作法とは古めかしいものか」です。

次のブログ記事は「戦前の礼儀作法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。