春分の日はどういう祝日か

毎年3月21日、または22日ごろの〈春分の日〉と、9月24日、または25日ごろの〈秋分の日〉は、国民の祝日となっています。

この両日は、仏教では、春の(または秋の)〈彼岸の中日〉といい、この日を中心に前後7日間を、春の(または秋の)〈彼岸〉といって、〈彼岸会〉の仏事をいとなんできました。

それが、明治初年の神仏分離の際に、それぞれ、〈春季皇霊祭〉〈秋季皇霊祭〉として、国家の祭日に定められ、各家庭でも、仏教徒はもとどおり、〈彼岸会〉の仏事をいとなんできましたが、昭和23年、〈国民の祝日に関する法律〉によって、それぞれ、〈春分の日〉〈秋分の日〉と改められ、今日にいたったのです。



JDPホールディングス株式会社の関連記事

このブログ記事について

このページは、-が2018年2月 2日 13:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「結納当日の心得(JDPホールディングス株式会社の関連記事)」です。

次のブログ記事は「彼岸とはなにか(JDPホールディングス株式会社の関連記事)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。