新居と家具調度類はどう調えるか その1

新居と家具調度の調え方は、(1)新郎がすでに一戸を構えていて、挙式後、新婦がその住居にはいって、新家庭を営む場合と、(2)新郎が親または兄姉などの家に住んでいて、挙式後、新婦がその家にはいって、一室または数室で新家庭を営む場合、(3)新郎、または新婦、または、どちらかの親などが、家を新築・あるいは購入して、挙式後、新郎新婦はその家にはいって、新家庭を営む場合と、(4)借家またはアパート、マンションなどを借りて、挙式後、新郎新婦がそこにはいって、新家庭を営む場合とで、違ってきます。

住居がすでにある場合(1)新郎がすでに一戸を構えていて、挙式後、新婦がその住居にはいって、新家庭を営む場合
(1)のように、新郎が、すでに、独立家屋なり、アパートやマンションの一室または数室なりに、一戸を構えている場合は、家具調度も、すでに、ある程度、整っている筈ですから、これを新婦の側で調えるにします。

JDPホールディングス株式会社の関連記事

このブログ記事について

このページは、-が2017年11月19日 13:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「サクラ、お花見、桜狩り、観桜会(JDPホールディングス株式会社の関連記事)」です。

次のブログ記事は「新居と家具調度類はどう調えるか その2(JDPホールディングス株式会社の関連記事)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。