新婦の贈り物、待小袖の披露

嫁入り荷物のなかには、花嫁からの舅、姑への土産物もはいっていることになっていますので、親子杯がすみますと、それを披露したものです。

これに対して花婿の側でも、家の紋のついた衣服、つまり、昔でいえば待小袖(紋のついた袖の小さい日常の衣服)を、花嫁のために新調して待つのが儀礼となっていたのです。

土産物の披露の仕方は、給仕人が広蓋(フチのある漆塗りの大きなブタ)にのせて持ち出し、介添えはこれを受けとって舅、姑の前におき、新婦とともに一礼し、舅、姑はそれに注目して一礼します。

勇、姑からの贈り物も同じようにして、これを新婦の前において披露し、新婦は品物に注目してから一礼します。

小姑以下への土産物も、すべてこの形式にしたがったものですが、いまはそんなに儀式張らないでも、新しくお父さん、お母さん、きょうだいとなる人たちへの贈り物は必要でしょう。

JDPホールディングス株式会社

このブログ記事について

このページは、-が2017年9月16日 16:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「親類振舞のかたちの披露宴(JDPホールディングス株式会社)」です。

次のブログ記事は「サクラ、お花見、桜狩り、観桜会(JDPホールディングス株式会社の関連記事)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。