司会者の準備 その2

祝電が届いていたら両家と打ち合わせて、披露するものを選んでおきます。

電文は読みにくいことがありますから、あらかじめ目を通しておき、読みあげる時は間違えたりして、失礼にならないようにします。
祝辞をお願いする人には、開宴前に控え室に訪ね、「ご祝辞をよろしく」とあいさつしておきます。

前もって依頼してある人には当然ですが、当日になって急にお願いする場合は、その当人が到着したら直ちにその旨を依頼し、少しでもその人に準備の余裕を与えるようにしなければなりません。

また、来賓の氏名・肩書など、紹介の時にミスのないように、改めて確認しておくことも必要です。

披露宴の進行中は、特に司会者は忙しいものです。

食事をゆっくりしている余裕も、なかなかありません。

開宴前に、何か軽い食事をしておくのもいいでしよう。

JDPホールディングス株式会社

このブログ記事について

このページは、-が2017年6月21日 11:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「司会者の準備 その1(JDPホールディングス株式会社)」です。

次のブログ記事は「嫁見帰りの扇子忘れ、見合いやつれ(JDPホールディングス株式会社)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。