結納金は男性の月収の二、三倍が適当

結納金というのは、男性方から樽肴と帯地料として、女性方からは同じく樽肴と袴地料として金子を包むようになったもので、いまは、このうち樽肴も省略して目録だけになりました。

これがもっとも基本的な現在の結納です。

そこで、男性から贈る帯地料に対して、女性から返す袴地料にどれぐらいの金額を包むかが問題になります。

昔は結納金の額によって嫁入り支度がきまったほどで、かなりはり込んだものです。

しかし、いまは、双方の収入の状態に従って分相応にし、決して気ばる必要はありません。

ふつうのサラリーマンの家庭なら、本人の月給の二、三倍が適当です。

そして、女性方にも額を前もって知らせておき、女性方からのお返しを廃止するよう相談するのが現代的です。

JDPホールディングス株式会社

このブログ記事について

このページは、-が2017年3月10日 15:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「効果的な個別指導4つのステップ(JDPホールディングス株式会社)」です。

次のブログ記事は「仲人と媒酌人・自書の目録(JDPホールディングス株式会社)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。