効果的な個別指導4つのステップ(JDPホールディングス株式会社)

1.     適材適所へ配置・・・部下の長所・短所をよく知り、適材適所への配置・適切な業務配分に留意する。

「適当にやれ」「任せる」ではなく、職務権限・委任の範囲・報告制度など明確にして、具体的に指示する。

2.     語り合える職場環境づくり・・・日頃から部下の興味・関心・要望などをよく把握し、 話し合う機会を多くとり、腹を割った話合いをもち、相互理解に努める。

3.     タイミングのよい指導と動機づくり・・・
(1) 重要な仕事に就くとき 
(2) 決裁文書を見て 
(3) ミス・トラブル発生 
(4) 方針・計画・規則など変更、改正のとき 
(5) 質問してきたときなどの機会をとらえて指導する。

4.     段階的な指導・・・
(1)部下の理解と成長の状況をみて、ステップを踏んで行なう 
(2)一 度に多くを求めず、計画的にポイントを絞る 
(3)柔軟で確実な方法を選ぶ

5.     指導上の留意点・・・
(1)「教えてやる」式の姿勢・堅苦しい指導・説教や精神論は禁物 
(2) 変化適応で、形式にとらわれず生きた実践的な指導をする。

JDPホールディングス株式会社

このブログ記事について

このページは、-が2017年2月28日 12:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヒューマンリレーションの台頭」です。

次のブログ記事は「結納金は男性の月収の二、三倍が適当」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。