手紙文書内容別のポイント(JDPホールディングス株式会社)

〈依頼の手紙〉
(1)お願いをする主旨の手紙だから、特に注意して丁重に書く。

「ご多忙中誠に恐れ入りますが」、「お手数をわずらわし恐縮に存じますが」など相手の立場、気持ちを十分に察した表現をする。

(2)依頼する主旨、内容、条件をはっきりと明確に書く。

(3)相手の事情を考慮して、時間的ゆとりをもって発信する。

(4)依頼に対して相手が応じてくれた場合は、必ずお礼状を出す。

〈回答の手紙〉
(1)先方からの依頼または照会に対しては、ただちに内容を調査し回答する。

調査に時間がかかりそうな時は、受け取った旨をとりあえず先に連絡しておく。

(2)回答を書く場合、先方の何の件に関する回答であるかを明確にする。

・先方の文書に発信番号がある場合には、「貴書第○号によりご照会いただきました・・・」と発信番号を明記する。

・発信番号がない場合には、「○月○日付の書簡によるご照会の件につきましては・・・」と日付を明記する。

(3)承諾、拒絶など回答の内容により、それぞれに適した表現を工夫する。

JDPホールディングス株式会社

このブログ記事について

このページは、-が2016年3月11日 13:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ビジネス文書(押印~末文)」です。

次のブログ記事は「相手の性格を見極める」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。