箸の扱い方の注意(JDPホールディングス株式会社)

迷い箸...迷ってあちこちの料理に箸を向ける。

移り箸(渡り箸)...料理とご飯を交互にしないで、料理から料理へと箸をつける。

探り箸...箸を探るように入れて好きなものを探す。

刺し箸...お芋など食べ物に箸を突き刺して取る。

もぎ箸...箸についたご飯などを口でもぎ取る。

こみ箸...口にほおばったものを箸先で押しこむ。

寄せ箸...膳の向こうにある器を、箸で自分のほうへ寄せる。

渡し箸...箸から箸へ食べ物を渡す。

ねぶり箸...箸についているものをなめて落とす。

ほじり箸...器の底にあるものをほじり出す。

しごき箸...箸先をしごき合わせる。

和室での中座は、左右に軽く一礼し、腰をかがめながら目立たないように席の後ろ側を通って出る。

退席時は、主賓や目上の人が出たあと立ち上がる。

JDPホールディングス株式会社

このブログ記事について

このページは、-が2015年11月 5日 10:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「和食は盛りつけが美しく祝いの席にふさわしい」です。

次のブログ記事は「和風の宴席では節度をもって」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。