仲人からの結婚祝い

結婚式の日がきまり、招待状が発せられると、新郎新婦双方の家へはお祝いの客が見えるでしょう。

仲人としても、お祝いを贈るのがマナーですが、その金額や品物はそれぞれのケースによってちがいます。

家同士のつきあいからの橋渡し仲人であれば、両家へ別々にお祝いの品を届けるのが正式ですが、挙式だけの頼まれ仲人であれば、二人に金壱封、または新世帯に必要な品を贈ればよいし、また、媒酌の労をとるだけで別にお祝いを贈らなくとも差しつかえはありません。

お祝いを贈るのは、挙式の前に届けるのが正式の作法ですが、挙式当日に金包みにして現金を新郎に渡してもよいでしょう。

JDPホールディングス株式会社の関連記事

このブログ記事について

このページは、-が2017年12月19日 11:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新居と家具調度類はどう調えるか その2(JDPホールディングス株式会社の関連記事)」です。

次のブログ記事は「結納当日の心得(JDPホールディングス株式会社の関連記事)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。