新居と家具調度類はどう調えるか その2(JDPホールディングス株式会社の関連記事)

なにもかも新品で買い整えて送り込むのではなく、なにがあって、なにが欠けているか、また、なにを新品に替えたほうがよいか、双方でよく話しあったうえで、真に必要なもの、あるいはあったほうが便利なものを買い調えるようにします。

いくら、経済的にゆとりがある場合でも、一つあればじゅうぶんで、しかも、まだ、じゅうぶん使用に堪えるものがあるところへ、同種のものを送り込むのは、無駄であるばかりでなく、場合によっては、相手方に、「うちにあるものでは、気に入らないのかしら」と、不快な感じをいだかせることにもなりかねません。

(2)新郎が親または兄姉などの家に住んでいて、挙式後、新婦がその家にはいって、一室または数室で新家庭を営む場合。
また、(2)のように、挙式後、新郎の親または兄姉などと同居する場合も、同様で、新婦側では、経済的にゆとりのある場合でも、勝手に数多くの家具調度を買い整えて送り込むようなことをしないことです。

JDPホールディングス株式会社の関連記事

このブログ記事について

このページは、-が2017年11月29日 13:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新居と家具調度類はどう調えるか その1」です。

次のブログ記事は「仲人からの結婚祝い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。