仲人と媒酌人・自書の目録(JDPホールディングス株式会社)

◆仲人と媒酌人
実質的な仲人=縁談から見合い、婚約・結納・挙式まで、初めから終わりまで一貫して面倒をみます。

しかし、婚約から挙式まで、あるいは挙式だけ、ほかに仲人を頼むこともあります。

頼まれ仲人=恋愛結婚の場合、結納・挙式だけの仲人を頼むことがあります。

挙式当日だけのこともあります。

媒酌人=挙式の時の仲人の呼び名です。

◆自書の目録を作る時
結納品目の内容としては、「目録」と「長熨斗」は書き入れません。

目録は五つ折りあるいは七つ折りにしますので、折り目に文字がかからないように注意しましょう。

書き終わったら左側から右側へと折り、別の奉書紙を上包にして、目録をその中に入れ、上下をうしろに折り返し、表には「目録」あるいは「寿」と書き入れます。

目録にはふつう、紅白または金銀の水引きをかけます。

JDPホールディングス株式会社

このブログ記事について

このページは、-が2017年3月20日 10:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「結納金は男性の月収の二、三倍が適当」です。

次のブログ記事は「婚約披露パーティ・婚約通知状の挨拶例」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。