ブランド・マネジメント

カップヌードル、マクドナルド、無印良品。

私たちの身の回りにはブランドがあふれている。

ブランドとは、他社商品から自社商品を区別するための名前、デザイン、マーク、シンボルなどをいう。

他の商品との区別が本来の役割だが、強いブランド、著名なブランドは企業に様々なメリットをもたらす。

(1)品質に信用があるため、顧客が引き続き購入してくれる。

(2)よく売れるため、流通業との交渉を有利に進められるといった効果が期待できる。

1990年以降、ブランドが商品の価値を高める有力な手段として注目を高めており、ブランドパワーの強化に取り組む企業が増えている。

自社のブランドが強くなるよう、ブランドの価値を高め、市場で競争優位を築く一連の施策がブランド・マネジメントである。

JDPホールディングス株式会社

このブログ記事について

このページは、-が2016年7月20日 11:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「上昇の役目はプロペラが司どる(JDPホールディングス株式会社)」です。

次のブログ記事は「会議のムダを省こう(JDPホールディングス株式会社)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。