成熟

成熟は、おとな(成体)の形質や行動特性をもった状態を指す場合(maturity)と、成長・発達の要因として、外的環境や学習・獲得の要因と対照される内的・生得的要因によって、ある形質や特性が発現してくること(maturation)を指す場合とがある。

後者の意味での成熟は、出生時にはまだあらわれていないが、おとなになるまでの過程で、ある時期にある順序で健常児では必ずあらわれる形質・特性についていわれる。

乳幼児期の中枢神経系の成熟による姿勢保持、はいはい・直立歩行などの運動機能、言語機能などの発現がその例である。

成熟には個体によって早い遅いの個人差があり、訓練や教育によって発現を早めることはできない。

しかし、成熟による発達は、外的・社会的環境内での練習や学習を排除するものではなく、それらもともなっているのが普通である。

成熟が学習の適時性を規定しているといえる場合もある。

JDPホールディングス株式会社

このブログ記事について

このページは、-が2016年1月10日 14:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「遺伝か環境かの考え方(JDPホールディングス株式会社)」です。

次のブログ記事は「手が理解しやすいように、話の内容を整理して簡潔に話す(JDPホールディングス株式会社)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。