留守番電話の残し方(JDPホールディングス株式会社)

用件を簡潔に短時間で話します。

・○○の件などとまず用件を告げ、今連絡をしておきたい項目を手ぎわよく伝えます。

後から連絡しても差し支えつかえないことについては、「詳細はファックスをお送りします」、「明日、もう一度お電話いたします」などと対応します。

・その他、電話をこちらからかけるのか、電話をかけ直してもらいたいのか、かけた人の電話番号などを伝えます。

・一方的なメッセージですので、相手に誤解を与えないために、あいまいな言葉は使わないようにします。

例えば「多分」などの憶測する言葉を避けます。

また、「お昼頃」などの不明確な言葉を使わず、「午後一時に」などというように明確に表現します。

JDPホールディングス株式会社

このブログ記事について

このページは、-が2016年1月25日 10:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「留守番電話は切らずに当方の情報を録音しておこう」です。

次のブログ記事は「ビジネス文書(押印~末文)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。