2015年6月アーカイブ

ブライダルという夢のイメージ

最終的には、自社商品の宣伝でありセールスであるという実態は変わらない。

しかし、この日の客は、それをどこまで意識しただろうか。

押しつけ、手前ミソといった宣伝やセールスイメージを払拭し、ブライダルという夢のイメージに転換させたところに、企画の勝利があった。

ある地方都市のホテルでの話だが、中央の一流ホテルに客をとられないため、結婚式場のセールス展開を考えた。

まず、三十代の従業員の高校時代の名簿を使って、結婚に関するアンケート調査を行なう。

セールスマンはその前後に、本人の留守を確認して母親に「○○(従業員)の紹介です」と電話をし、結婚の予定についての基礎データを集める。

JDPホールディングス株式会社
ビジネス界での外国からの進出度は、ヨーロッパでも最高レベルです。

今では、外国資本が過半数を所有する企業は九百社を越え、それらが国全体の総売上の50%を占め、また、非農業従事労働力の40%を雇用しているのです。

それら外国資本による企業の中では、アメリカ系が344社で一番多く、次にイギリス系が235社あります。

ドイツ系は136社で3位です。

しかしこのような政策は、自立型の産業成長のための環境づくりという観点からは、決して成功しているとはいえません。

その理由の一部は、国内市場の規模の小ささです。

このため、成功したアイルランド企業は、海外に進出する結果となっています。

アイルランドの大企業のうち六社が、海外投資を行っており、海外の売上が、年間売上の80%にまでなっているのです。

JDPホールディングス株式会社

外国資本による投資

アイルランドの経済は伝統的に国家主導型であり、政府は企業を直接所有し、雇用促進案や補助金制度をつくり、そして税の優遇措置などを行っています。

非農業従事労働力の10%が、国営セクターに属しています。

公益事業や独占的サービス以外にも、国は保険、航空、陸運、海運、ホテル、肥料、砂糖、鉄鋼、競馬などの業界に直接投資を行っています。

民間セクターの特徴は、主に農業や食料分野に携わるほんの少数の個人や企業の下に権力が集中していることです。

独立直後からの閉鎖主義を経た後、アイルランドは、オープン貿易と外国資本による投資奨励の方針を採用しました。

当初はこれがとても成功し、電子や薬品などのクリーンな先端技術産業に携わる企業が、多くアイルランドにやってきました。

JDPホールディングス株式会社
60年代と70年代の経済発展の時代を別にすれば、移民はつねにアイルランドの人口構成に影響を与えてきています。

1987年と1989年の間には、若者を中心とする約十万人のアイルランド人が国を離れました。

これは全労働人口130万人のうち約8%にあたり、相当高い割合です。

アイルランド人はイギリスでは完全な市民権を有していますので、そのイギリスと、そしてアメリカには、有力で大規模なアイルランド人コミュニティが存在しています。

移民のおかげで、失業がもたらす国内の社会的経済的なプレッシャーは緩和されていますが、その代償として家庭やコミュニティが崩壊し、経済政策の失敗と自己満足の状態が恒常化する結果となっています。

JDPホールディングス株式会社

50%という高率の法人税

50%という高率の法人税、EC諸国では最も高い個人税と付加価値税が、経済を苦しめており、これが最近の大幅な公共支出削減につながりました。

アイルランド経済は、地理的に近く、何世紀にもわたって植民地として依存していたことのため、イギリス経済ときってもきれない関係にあります。

工業の積みかさねや天然資源がほとんどない状態の中で、アイルランドの果している役割は、イギリスに食糧を供給し、代わりに工業製品を手に入れることなのです。

アイルランドの輸出の35%、そして輸入の42%が、対英貿易によるものです。

またアイルランドが一貫して輸出し続けてきた商品は、企業家精神とエネルギーにあふれるアイルランド人自身です。

自分が生きている間に実現するだろうと考えている人はほとんどいませんし、それを望んでいる人もほとんどいません。

プロテスタント百万人とIRAがもたらす影響は破壊的であり、予測不可能です。

しかしこれは、アイルランド人にとってみれば、国内の政治問題ではないのです。

IRAの政党であるシン・フェイン党は、たいした支持を受けてはいませんし、アイルランド国民にとっては、国境で起きるIRAがらみの事件は、海峡を越えた向こうに住んでいるイギリス国民にとってと同じくらい、遠い出来事なのです。

1960年代後半と70年代に起きた前代未聞の経済ブームは、福祉国家アイルランドを生み出しました。

しかし現在では、その維持が不可能となってきました。

JDPホールディングス株式会社

統一アイルランド

皆がリーダーシップに参加するのではなく、より専制的なリーダーシップを好むという態度に、しっかり反映しています。

ヨーロッパでは珍しく、アイルランドの各政党は、一定の社会的、経済的利益集団を代表するものではありません。

フィアナ・フェイル党は、1922年の分裂の時に統一アイルランドを求めて分断に反対した人々の末窩であり、フィネ・ゲール党は、即座に独立することを求めて投票した人々の末喬です。

国の分裂とその結果によって、世界がアイルランドに対してもっているイメージは、ややゆがめられています。

北アイルランドの問題は政治的なものであり、アイルランド人にとっての統一とは究極の理想です。

JDPホールディングス株式会社

このアーカイブについて

このページには、2015年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年5月です。

次のアーカイブは2015年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。